更正医療指定クリニック・育成医療指定クリニック 兼子矯正歯科クリニック







当院の特徴
なるべく歯を抜かない矯正治療を目指しています
日本では患者さんの多くが永久歯の抜歯による矯正治療を受けています。

当クリニックでは、顎の成長を考慮し、上下の歯列の横、及び後方への拡大という3次元的な改善を行いながらの治療(歯列の発達)で、なるべく多くの患者さんを永久歯の抜歯を行わずに治療する事(非抜歯治療)を目指しています。

歯は人間の健康を維持する大きな役割を担っています。出来るだけ健康な歯を残しながら矯正治療を進めていきたい。それが当院のコンセプトです。

ただし、年齢や不正咬合の程度によっては、抜歯を行った方が良い場合もあります。来院時にご相談下さい。
詳しくは実際の矯正治療の治療例をご覧下さい。
矯正治療中の口腔内のケアーについて
矯正治療はむし歯になりやすいと聞いているので心配だ、という声をよく耳にします。確かに矯正装置をつけている間は歯を磨きにくく、歯ブラシがとどきにくいところができます。歯ブラシの選び方・使い方をよく指導することももちろん大切ですが、それだけでは十分ではありません。もともとむし歯になりやすい方もいるのです。

そこで、当院では治療開始前にカリエスリスク・テスト(虫歯のなり安さのテスト)を行い、だ液の量・酸性のだ液を中和する能力・だ液中の細菌の数・食生活などを検査し、むし歯の原因を調べ、あなたに最適な予防法を検討します。

検査結果から、どうしてむし歯が出来るのかの説明・カリエスリスクの現状と対策・食生活の指導・歯みがき指導を行います。

患者さんのカリエスリスクの程度によって、歯磨き指導に加えフッ素塗布剤・フッ素洗口液・フッ素入り歯磨き剤・キシリトール・殺菌作用のある洗口剤等の使用をおすすめします。
顎機能検査
矯正治療は審美的な改善だけが目的ではありません。かみ合わせの機能の回復が大切です。

現代人、特に女性には顎関節に問題のある場合があります。
(口を開けにくい、あごがいたい、開けるときに音がする)

この様な患者さんは、矯正治療を始める前に十分な検査が必要です。

当院では、顎関節の診査のために、問診・筋肉の触診・顎機能診断器による精査・歯の模型の咬合器への装着等の精査を行います。

場合によっては、提携の病院にてMRIの撮影をお願いする場合があります。
(C)KANEKO ORTHODONTIC OFFICE