更正医療指定クリニック・育成医療指定クリニック 兼子矯正歯科クリニック







リンク
その他
健康保険の適応される矯正治療
矯正治療は基本的に自費治療となりますが、保険が適応される場合もあります。

・ 唇顎口蓋裂などの先天奇形を伴う患者さん
・ 外科矯正が必要な患者さん ( 症例
     受け口や出っ歯で骨格的に大きな問題のある患者さんは
     外科的処置が必要となる場合があります。

   以上の患者さんは保険が適応されます。詳しくは来院時にお尋ね下さい。
医療費控除について

矯正治療の治療費は、基本的に保険が利かないため自費となりますが、学童の場合は医療費控除の対象になります。(成人の方もご相談下さい)

医療費控除とは、一年間に支払った医療費の一部が課税所得から控除の対象となります。控除の対象となる額は、年間に10万円以上の金額です。

詳しくは管轄の税務署におたずね下さい。

日本非抜歯矯正研究会 名古屋大会で院長が講演しました。

平成20年9月24日 名古屋国際会議場にて開催された日本非抜歯矯正研究会にて、院長が講演しました。
       コアメンバー認証講演
              「合格症例をふりかえってーさらなる安定性を求めての考察ー」


市民健康講座(別府市医師会主催)で院長が講演しました。
平成15年3月8日 ビーコンプラザにて開催された市民健康講座にて、院長が講演しました。
       テーマ
              「歯科矯正治療ー歯列の発達について」

(C)KANEKO ORTHODONTIC OFFICE