症例 1

8才の女の子です。鼻閉があり、嚥下時に舌が前方に突出しますので、上下の前歯が咬み合いません。
また歯列の幅が狭いため上の前歯にガタガタがあります。
上下の歯列を側方に広げる装置を入れました。前歯には装置はつけていませんが、顎の拡大とともに上下の前歯は咬み合うようになり、ガタガタも少なくなってきました。
今後、仕上げの治療が必要となる場合もあります。


治療前 拡大装置セット 拡大中 拡大終了 経過観察中



 

HOME矯正治療開咬>症例1