症例 
不正咬合の程度や年齢、装置の使用状況によっては、永久歯の抜歯を行って叢生を改善するスペースを作ります。
下の写真は11才の女の子ですが、上下顎の永久歯を抜歯し治療を行いました。





 

HOME矯正治療叢生>症例3