症例 
叢生を改善するために抜歯が必要になることもありますが、当院ではなるべく抜歯を行わずに矯正治療を行っています。歯列を拡大する場合、側方と後方への拡大が考えられますが、年齢や叢生の程度によっては両方が必要となります。
下の写真は10才の男の子です。上顎犬歯の生える隙間がありません。
歯列を側方と後方に拡大して、犬歯の生える隙間を作り前歯の叢生を改善しました。
奥歯を効率的に後方移動するためにはヘッドギアの使用が必要となります。
効率的な移動が出来なければ永久歯の抜歯が必要になることもあります。





 

HOME矯正治療叢生>症例2