症例 1
側方拡大による早期治療
早期に歯列の側方拡大を行うことにより、軽度の叢生は改善することが出来ます。また歯列の狭窄した重度の叢生のお子さんも早期に側方拡大することにより後の治療が簡単になったり、抜歯をさけることが出来る場合があります。
下の写真は8才の女の子です。上下の前歯に軽度の叢生が認められます。早期に拡大したことにより前歯のガタガタをとるスペースができ、ある程度自然に並んできました。この後前歯を並べる処置が必要です。




 

HOME矯正治療叢生>症例1