症例 2

ある程度年齢が上の子供の場合は、上顎の奥歯を後ろに移動して前歯を後方に下げるスペースを作ります。
下の写真は8才の女の子ですが、奥歯の咬み合わせはかなりずれています。下顎の発育が悪かったので、成長を促進する装置を使用しましたが、改善が十分ではありませんでした。そこで上顎の奥歯を後方に移動することにより前方及び側方の歯牙を後方に移動するスペースを作りました。奥歯を効率的に後方移動するためにはヘッドギア( 装置の項目を参照してください)の使用が必要となります。効率的な移動が出来なければ永久歯の抜歯が必要となります。

治療前 下顎の成長促進 上顎臼歯の後方移動


治療後


治療前 治療後



 

HOME矯正治療上顎前突>症例2