更正医療指定クリニック・育成医療指定クリニック 兼子矯正歯科クリニック







矯正治療

矯正治療とは不正咬合を、機能的・審美的に改善する歯科治療です。
歯並びは各個人で千差万別です。治療方法も症例により異なります。
まずご自分またはお子さんのお口の中を確認し、不正咬合の種類をチェックしてみましょう。
該当する説明文の横の画像をクリックすると治療経過の解説ページにジャンプします。

矯正治療は、実際に歯を動かす治療が終了した後も、改善した状態を維持する保定が必要です。

*日本人に最もよく見られる不正咬合である叢生は、他の不正咬合と合併していることが多いため、受け口や出っ歯など他に気になる不正咬合がある場合は、そちらの画像をクリックして下さい。

*歯並びは各個人で千差万別です。当クリニックはすべての写真資料をデジタル化していますので、このホームページに掲載している以外にも多くの症例のプレゼンテーションを用意しております。
あなたによく似た咬み合わせの治療経過をご覧になることが出来ます。

下顎前突・反対咬合(受け口)
下の前歯が上の前歯より前方に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。うけ口の人は、食べ物が良くかめないだけでなく聞きとりにくい話し方になります。また顔つきもしゃくれた感じになります。

上顎前突(出っ歯)
上の歯が前に突出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると、外傷により歯が折れたり唇を切りやすく、見た目も良くありません。

叢 生(八重歯・乱杭歯)
永久歯の生えるスペースが不足し、歯が重なり合っている状態を叢生といいます。叢生の場合歯ブラシがゆきとどかず、むし歯になり易くなってしまいます。
叢生を改善するには歯を並べるためのスペースが必要となります。日本人の場合はスペースの不足している量が多く、矯正治療に際してスペースを確保するために抜歯が必要となる場合がありますが、当院ではなるべく永久歯の抜歯を行わずに矯正治療を行っています。

開 咬
上下の前歯が咬み合わない状態を開咬といいます。前歯で食べ物をかみ切れないだけではなく、聞き取りにくい話し方になります。

上下顎前突
上下の前歯がともに前方に突出している状態を上下顎前突といいます。口もとは突出し唇が閉じにくくなります。審美的な改善を行うためにも、ほとんどの場合で永久歯の抜歯が必要になります。

埋伏歯
何らかの原因で永久歯が出てこない事があります。出てこない歯を放置すると隣の歯が倒れてきて咬み合わせが崩れてくることがあります。矯正治療により埋まっている歯を引き出すことが出来ます。(歯が骨と癒着している場合、動かないこともあります)

矯正装置
歯科矯正では、色々な装置を使用します。
当クリニックで主に使用する矯正装置をご紹介しています。
(C)KANEKO ORTHODONTIC OFFICE